MetaDefender Core

メタディフェンダー コア

MetaDefender Core
のご紹介

資料請求・お問い合わせ

MetaDefenderCoreのご案内
  • 検知
  • 解析
  • 隔離
  • レポート
  • マイナンバー

複数のウィルスソフトで
マルウェアやウィルスを駆除

単一サーバで最大32種類のウイルス スキャン エンジンでウイルス検知を実現できるオンプレミス版では唯一のウイルス対策ソリューションがOPSWAT MetaDefender Coreです。
1台のサーバに複数のウイルススキャンエンジンを搭載し、マルウェアをスキャン。
スループットを維持しながら強力なウイルス検出及びファイル無害化を実現します。
このソリューションを導入することにより 、水際でのマルウェアの対策がより一層確実なものになります。

製品の特長

最大32種類のアンチウイルスエンジンで強力にマルウェアを検出しコンピュータシステムを防御します。

  • 最大32種類のウイルススキャンエンジンで最高水準のウイルス検出率をワンサーバで実現(各ベンダーと個別契約は不要)

  • ファイルを無害化するサニタイズ機能。
    (別途ファイル無害化エンジンが必要)

  • メールの添付ファイルやインターネットブラウジング時のダウンロード/アップロードファイルをスキャン可能
    (別途アドオン*が必要)

  • ウイルス対策エンジンのヒューリスティックスキャン機能

  • 開環境のみならず、閉環境のウイルススキャンもサポートし、シグネチャはオンラインでもオフラインでも更新が可能

  • 任意の間隔で最新のシグネチャを自動でダウンロード、更新

  • Webベースの管理コンソールとユーザロール機能

  • ハッシュメカニズムによりファイルの白黒判定にかかる所要時間を短縮

  • 多層型や自動解凍型アーカイブをはじめ豊富なファイルタイプをスキャン可能

  • 他のシステムと連携を容易にするAPIを提供

  • 複数のスキャンのノードを設けることでスキャンの負荷を分散させ、スキャンのスループットを向上できます。

*別途必要なアドオン:MetaDefender Email SecurityやMetaDefender ICAP Server

主な機能

  • 主な機能1

    マルチスキャンエンジン

    最大32種類のウイルススキャンエンジンで、最高水準のウイルス検出率をワンサーバで実現。(各ベンダーと個別契約は不要です)

  • 主な機能2

    脆弱性解析エンジン

    アプリケーションの脆弱性情報を提供するワークフローエンジンです。マルウェアは脆弱性を狙い、アプリケーションに不正にアクセスします。 このワークフローエンジンを使う事により、セキュリティパッチの適用等の脆弱性対策を支援し、マルウェアの感染を予防します。

  • 主な機能3

    ファイル無害化エンジン

    インターネットから取得したファイルから、既知及び未知のマルウェアを除去したり、悪意のある活動を引き起こす可能性のある領域を排除し、安全なファイルとして再構築する処理を実現。

    • 既知及び未知のマルウェアの除去

    • 悪意のある動作を引き起こす可能性があるオブジェクト(マクロ、ハイパーリンク等)の無効化

      潜在的に危険なオブジェクトが実行されないような、より安全な形式にファイルを変換

    • 拡張子が偽装されたファイルをブロック

動作環境

Windowsのお客様

OS

Windows 7

Windows 8/8.1

Windows10

Windows Server 2008/2008R2

Windows Server 2012/2012R2

Windows Server 2016

*64ビットOSのみサポート

CPU

8コア以上(MetaDefender Core 8)

16コア以上(MetaDefender Core 12〜16)

32コア以上(MetaDefender Core 20)

HDD※

16GB以上(MetaDefender Core 8)

24GB以上(MetaDefender Core 12)

32GB以上(MetaDefender Core 16)

40GB以上(MetaDefender Core 20)

メモリー※

8GB以上(MetaDefender Core 8)

16GB以上(MetaDefender Core 12~20)

24GB以上(MetaDefender Core 20)

2018年9月1日現在

※アプリケーションの動作には100万件のスキャンデータ毎に1.5GBの空き容量が別途必要です。

Linuxのお客様

Linux
ディストリビューション

CentOS 6.6及び7.0以上

Red Hat Enterprise Linux 6.6及び7.0以上

Debian 7.0以上

Ubuntu 14.04及び16.04以上

CPU

4コア以上のプロセッサ(MetaDefender Core 5)

8コア以上のプロセッサ(MetaDefender Core 10)

HDD※

10GB以上(MetaDefender Core 5)

20GB以上(MetaDefender Core 10)

メモリー※

4GB以上(MetaDefender Core 5)

8GB以上(MetaDefender Core 10)

2018年9月1日現在

※アプリケーションの動作には32GB以上が必要です。
これ以外に100万件のスキャンデータ毎に1.5GBの空き容量が必要です。

製品資料・製品に関する
お問い合わせ

MetaDefender Coreの製品資料をご提供しております。
資料のご請求、製品に関するお問い合わせは下記より承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ