WEBROOT

ウェブルート

WEBROOT
のご紹介

WEBROOTのご案内
  • エンドポイント
  • AI
  • 分析
  • 監視
  • 隔離
  • 管理

フルクラウド型の次世代セキュリティによるエンドポイントプロテクション

2020 SE LAB AAA受賞

クラウド上に構築されたセキュリティ情報データベースは、世界中から収集した膨大な情報を最先端のアルゴリズムに基づく機械学習(AI)により相関分析し、既知の脅威だけでなく未発見の脅威をも防ぐ「予測型インテリジェンス」をリアルタイムに提供します。

※最高評価2020 Small Business Endpoint Protection Awards AAA受賞 SE Labs は、イギリスにあるセキュリティ製品とサービスを評価する世界的に有名な第三者機関

製品の特長

Webrootは、フルクラウド型の次世代セキュリティを採用することで、リアルタイムで最新の保護を提供します。

  • <フルクラウド型の次世代セキュリティ>

    定義ファイルのダウンロードが不要なクラウド型のシステムを採用することで、PCの動作を邪魔することなく、リアルタイムに最新の保護を提供

  • <未知のウイルスにも対応>

    未知のウィルスの行動を監視・記録し、分析することで、万が一ウィルス感染が確認されても、行動履歴に基づきファイルが行った変更を元に戻すことでPCを自動修復

  • <製品の移行がスムーズ>

    他社製品との共存が可能なため、トライアルや移行の際に既存のウィルス対策ソフトのアンインストールが不要

  • <集中管理が容易な管理コンソール>

    Webベースの管理コンソール1つで、すべてのPCの集中管理が可能

主な機能

  • 主な機能1

    ウイルスなどのマルウェア対策

    下記の方法により、ウイルス、トロイの木馬、フィッシング、ランサムウェア、スパイウェア、ブラウザベースの攻撃、クリプトジャッキング、認証情報を盗むマルウェア、スクリプトベースの攻撃、ファイルレス攻撃、などのさまざまな脅威をブロックします。

    • 定義ファイルを端末上にもたないクラウドベーススキャン

    • ヒューリスティック技術による未知のマルウェア検出

      ビヘイビア(挙動)による未知のマルウェア検出

    • ルートキットの検出

    • MBRスキャンの実行設定

    • ジャーナリング&ロールバック(自動修復機能)

    • リアルタイム脅威モニタリング(白黒判定できないグレーなプログラムの監視継続)

  • 主な機能2

    クライアントFW機能

    • システムモニタリングおよびアプリケーション認識のファイアーウォールにより、組み込みのWindows®︎ファイアーウォールが強化され、企業ネットワーク内外のユーザーを保護します。

  • 主な機能3

    アプリケーション制御機能

    • ホワイトリスト、ブラックリスト機能からアプリケーションの実行を直接制御できます。

  • 主な機能4

    ブラウザ保護対策

    • URLをチェックすることでWebサイトの安全性を確認

    • フィッシングサイトの検出及び防止

    • IP/DNS検証による中間者攻撃を確認

  • 主な機能5

    その他クライアント上の機能

    • システムクリーナー

    • ソフトウェアの自動更新

    • チューニングオプション(CPU/Memoryの負荷調整)

    • ディスク容量軽減管理

    • 他社製品との共存

    • 改変されたシステムコンポーネント(レジストリ等)の自動修復

    • ID等の個人情報保護

    • 疑わしいプログラムの自己実行診断

  • 主な機能6

    管理機能

    • 管理サーバの設置不要

      • <SaaS型管理コンソール>

        • クライアント管理

          ・スタンドアロン運用

          ・グループ単位の設定

          ・ポリシーのインポート&エクスポート

          ・ユーザ利用アプリケーションの表示(グレーおよび黒判定)

          ・プログラムのホワイト・ブラックリスト指定

          ・遠隔実行コマンドの送信(再起動、セーフモード起動、スキャン、プログラム実行、レジストリコマンド、DOSコマンド実行など)

          ・Active Directory連携

            • ログ・通知・レポーティング機能

              ・事前定義済レポート作成およびエクスポート

              ・警告通知(SMTP)

              ・警告通知メッセージのカスタマイズ

                • その他

                  ・ライセンス管理

                  ・権限に応じた管理者の複数作成

                  ・統合されたサポートへのアクセス提供(ログ自動収集など)

Carbonite、WEBROOT社の
サイバーレジリエンス

サイバーレジリエンスとは
『情報漏洩、不正アクセス、データ破壊などのサイバー攻撃に起因するITダメージから速やかにそして遅滞なく復旧させ、企業の事業継続性を高め、そして信用毀損を低減させる』という考え方を元に製品を一連で提供しています。

Carbonite、WEBROOT社が提供するソリューション

WEBROOT社が提供するソリューション

※ウェブルートが提供する、クラウド上に構築されたセキュリティ情報のデータベースで、マルウェアや悪質なサイトのURL、IPアドレスなどの膨大な情報をリアルタイムかつ自動的に収集・分析されている

WEBROOT社製品の強み

  • 機械学習技術を用いたリアルタイム脅威インテリジェンスデータを基礎とする、
    単一ベンダー複合型ソリューション

  • 各プロテクションレイヤーをシングルコンソールで管理可能なユーザインターフェース

  • VPNに依存せず、“安全にそして合理的”に、外出先やテレワーク環境を均一に保護

  • セキュリティインシデントを含むITダメージから速やかに復旧させ、事業継続性を向上

30日間無料
トライアル

無料体験版の登録はこちら

※メーカーの登録サイトに移行します

動作環境

エンドポイントプロテクション

OS
(Windows)

Windows® 7 32 ビットおよび64ビット(all Editions), Windows 7 SP1 32 ビット- および64ビット (all Editions)

Windows 8 32ビット および64ビット

Windows 8.1 32ビットおよび64ビット

Windows 10 32 ビットおよび64 ビット

Windows XP** Embedded

**必須条件:SHA-2への対応

OS
(Mac)

Mac OS X 10.7 (Lion®)

Mac OS X 10.8 (Mountain Lion®)

OS X 10.9 (Mavericks®)

OS X 10.10 (Yosemite®)

OS X 10.11 (El Capitan®)

macOS 10.12 (Sierra®)

macOS 10.13 (High Sierra®)

macOS 10.14 (Mojave®)

macOS 10.15 (Catalina®)

macOS 11 (Big Sur®) およびApple M1 ARM or Intel® processors

サーバ

Windows Server® 2012 R2 Standard、R2 Essentials

Windows Server 2008 R2 Foundation、Standard、Enterprise

Windows Server 2003** Standard、Enterprise、32ビットおよび64ビット(必須条件:SHA-2への対応)

Windows Small Business Server 2008、2011、2012

Windows Server Core 2003**、2008、2012

Windows Server 2003** R2 for Embedded Systems

Windows Embedded Standard 2009 SP2

Windows XP Embedded SP1、Embedded Standard 2009 SP3

Windows Embedded for POS Version1.0

Windows Server® 2016 Standard, Enterprise and Datacentre

Windows Server® 2019 Standard Server with Desktop Experience

Windows Server® 2019 Datacenter Server with Desktop Experience

**必須条件:SHA-2への対応

VMプラットフォーム

VMware® vSphere® 5.5以前(ESX®/ESXi 5.5以前)、Workstation 9.0以前、Server 2.0以前

Citrix® XenDesktop® 5、XenServer® 5.6以前、XenApp® 6.5以前

Microsoft® Hyper-V® Server 2008、2008 R2

VirtualBox

ブラウザ

VMware® vSphere® 5.5以前(ESX®/ESXi 5.5以前)、Workstation 9.0以前、Server 2.0以前

Citrix® XenDesktop® 5、XenServer® 5.6以前、XenApp® 6.5以前

Microsoft® Hyper-V® Server 2008、2008 R2

VirtualBox

Google Chrome® 11以降

Internet Explorer® バージョン7以降

Microsoft Edge®(サポートは部分的)

Mozilla® Firefox® バージョン3.6以降

Safari 5以降

Opera 11以降

製品資料・製品に関する
お問い合わせ

WEBROOTの製品資料をご提供しております。
資料のご請求、製品に関するお問い合わせは下記より承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

導入事例のご紹介

ネクストセキュリティでは、各企業様の課題やニーズに合わせた
セキュリティ製品のご提案をしています。
ここでは、導入事例の一部をご紹介します。

Case.01

自動車部品の販売

導入の狙い

動作が軽く、パターンファイルの更新も確実に行えるアンチウイルスソフトを導入したい。

課題

各PCには共通のアンチウイルスソフトを導入していたが、Officeを使用すると動作が重く仕事にならないことがあるため、オンラインスキャンをオフにすることを認めていた。また、パターンファイルも更新がされていなかった。

選定の理由

WindowsPCに標準搭載のアンチウイルスソフトと併用して使用することができる。また、パターンファイルの更新が不要である。

導入効果

WindowsPCに標準搭載のアンチウイルスソフトと併用して使用したり、アンチウイルスソフトのリアルタイムスキャンを有効にしたりしても、Officeの動作が重くなることがなく快適に使用できている。

Case.02

病院

導入の狙い

未知のマルウェアにも対処できるようにしたい。

課題

WindowsPCに標準搭載のアンチウイルスソフトのみでウイルス対策をしていたため、不安がある。また、マルウェアを検知しても次にどうすれば良いか取り決めがなく、対処ができない。

選定の理由

WindowsPCに標準搭載のアンチウイルスソフトと併用して使用することができる。また、動作が非常に軽い。

導入効果

PCの動作には支障はなく、従業員からもクレームはあがっていない。